info.

北陸新幹線の県内延伸を控え、首都圏での魅力発信に向けて福井県は7月19日、名物駅弁の「シウマイ弁当」で知られる崎陽軒(横浜市)と相互協力協定を結んだ崎陽軒の野並晃社長(左)と杉本達治知事=7月19日、福井県庁

 北陸新幹線の県内延伸を控え、首都圏での魅力発信に向けて福井県は7月19日、名物駅弁の「シウマイ弁当」で知られる崎陽軒(横浜市)と相互協力協定を結んだ。県産食材を使った弁当を開発し、首都圏で販売する。

 新たに開発する弁当は、敦賀開業1年前の来春や敦賀開業時の2024年春、大型観光キャンペーン「北陸デスティネーションキャンペーン」が開催される24年秋に首都圏の駅や百貨店などで販売する予定。

県内の飲食事業者が崎陽軒の助言を得ながら「ふくいシウマイ」を開発する取り組みにも着手。観光資源化を目指す。

 県庁で締結式があり、杉本達治知事と崎陽軒の野並晃社長が協定書に署名した。杉本知事は「福井の良さを新発見し、新しい魅力をつくってほしい」と弁当開発に期待感を示した。

 野並社長は「われわれの商売のベースである神奈川、横浜を中心としたエリアで福井のことを知ってもらう取り組みを活発にしていきたい」と語った。

福井新聞7月20日

というものです。

オーシャンズは、崎陽軒の商品開発部からシュウマイづくりのポイントを教わり、オリジナル商品を開発。皆さんにお届けしています。

シウマイには、オイスターソースを使います。
牡蠣専門店のオーシャンズでは、自家製オイスターソースを作っています。
市販のものよりはサラッとしていますが、しっかりうま味のあるオイスターソースです。

熟成味はないものの、その分、フレッシュな牡蠣そのものの味が残っていて、新鮮なオイスターソースという感じです。いつも使っている市販品にはない味わいで、思わずニヤついてしまう美味しさです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。